Jobs in Indonesia -REERACOEN Indonesia help you finding the right job.

+6221-5723322Time:9:00-18:00(Mon-Fri)

+6221-5723322Time:9:00-18:00(Mon-Fri)

2018.03.29最終更新日:2019.03.08

【インドネシアの結婚式】とにかく自由!な結婚式

先日インドネシア人のイスラム教式の結婚式に参加してきました。

日本の結婚式との相違など、その様子をお伝えしたいと思います。

 

いろいろ自由

まず、インドネシアの結婚式の大きな特徴はその自由さです。

招待状はありますが、招待状を受け取っていなくても参加できます。

服装は、女性ならドレス、男性ならバティック(インドネシアの伝統衣装)などを着ている人が多いですが、普段着に近い服装の人もいました。

会場は、今回は花嫁の実家の自宅の庭でした。インドネシアの結婚式は、自宅で開かれることが多いそうです。日本ではなかなかないですよね。

 

 

出席者の席は決まっていないので、各々好きな場所でブッフェ形式のご飯を食べたり、おしゃべりをして過ごしていました。

 

 

 

開催時間も幅があるので、好きな時間に会場に到着して、好きな時間に帰る、といったスタイルです。今回の結婚式の招待状の開催時間の欄には、“11:00~ end”と書かれていました。11時から始まりますがそれ以降の時間に来れば何時でもOKで、だいたい夜11時頃まで式が開かれている、という感じです。

 

インドネシアと日本の結婚式の最大の共通点

インドネシアと日本の結婚式で共通していることは、花嫁の美しさです!

イスラム教の花嫁衣装がとてもきれいでした!こちらが新郎新婦の写真です。日本の花嫁の和装や洋式のウェディングドレスとはまた違った美しさを感じました。

 

流れ

出席者が会場でどのように過ごすのか、ここで大まかに説明します。

出席者は、まず帳簿に名前を書き、新郎新婦の家族に挨拶をし、新郎新婦と写真をとり、ごはんをとり(ブッフェ形式)、適当な場所に座ってごはんを食べ、おしゃべりをして、気が向けばフォトブースで写真をとって、生演奏を聴いて、その生演奏に参加したりして、帰りたくなったら帰る、という感じでした。

 

フォトブースについてですが、結婚式場内にはカメラマンに写真を撮ってもらえるスポットがあります。

まず、会場到着時に、受付でフォトブースのチケットを受け取ります。それをフォトブースにいるカメラマンに渡すと、フォトブースで写真を撮ってもらえます。その写真は、印刷してもらえるので、お土産として持ち帰ることができます。私もブースで写真を撮ってもらい、その写真をお土産にしました。

フォトブースのセットには、新郎新婦の写真がたくさん飾られています。

 

 

蒸し暑い中で、ずっと生演奏の爆音が響いていて、皆が自由に各々楽しんでいて、まさにお祭りのようでした。

 

 

私はインドネシアの結婚式好きだな、と思いました。

すべての事柄がきっちり決まっている日本の結婚式も厳かで特別感があり、人生の節目、という感じで良いものですが、インドネシアの結婚式の、自分が来たい時にきて、好きなことをして、好きなときに帰れる、という自由なスタイルも参加者思いの式で素敵だなと感じました。

 

まとめ

インドネシアの結婚式は、日本のそれとはなにもかも違いました。機会があれば、インドネシアの結婚式に行ってみてください!

back

LOGINログイン