【ジャカルタ滞在総集編】私がインドネシアで感じた11のこと|Reeracoen Indonesia

REERACOEN is pleased to welcome you and be a partner to help you finding the right job in . Moreover, is ready to find the suitable candidates to our precious clients as well.

+6221-5723322

Time:9:00-18:00(Mon-Fri)

REERACOEN BLOG

【ジャカルタ滞在総集編】私がインドネシアで感じた11のこと

ジャカルタ滞在の総集編として、私なりにインドネシアとはこんな国!、というのをこれまでの経験をもとに11項目にまとめました。  

①インドネシア人は人懐っこい

オフィス、街中、Go-jek(バイクでの配達サービス)、タクシーの運転手の方々など、優しくフレンドリーな人がとても多いです。インドネシア語が話せなくても、辛抱強くコミュニケーションをとってもらえてありがたかったです。 また初対面から笑顔を向けてくれて、うれしくなります。パーソナルスペースもせまい印象を受け、人と人の距離が近いなと感じます。  

②宗教を身近に感じる

イスラム教徒は1日5回お祈りをするのですが、そのお祈りの時間冒頭にアラビア語のお祈りの言葉が爆音で流れます。5回のお祈りの中に、早朝4時半のお祈りがあります。 ジャカルタに来て最初のほうは部屋の小窓を開けたまま寝ていて、毎日変な時間に爆音で起こされるのがきつかったです。窓を閉めたのと、生活に慣れたのとで、数日後には起こされなくなっていきました。でもやっぱり音大きいなと思います。 ただ、これは人口密度の高いジャカルタの都市部周辺だけなようです。実際私がジョグジャカルタに滞在していたときは、遠くの方からなんとなく聞こえてくる感じで、神秘的な印象を受けました。   インドネシアでは、国民は国の認める5つの宗教、イスラム教、カトリック、プロテスタント、仏教、ヒンドゥー教のいずれかに属していなければいけません。そのため、ジャカルタの街中やオフィスでは、イスラム教徒やキリスト教徒と多く触れ合い、バリなどに行けばヒンドゥー教徒と多く触れ合う、ということになります。 日本ではあまり意識することのない宗教を、インドネシアでは日常的に感じます。  

③タクシーの運賃やすい

ちょっとした移動なら200円前後、2時間の移動でも2,000円くらいの運賃なので、気軽にタクシーに乗れて、セレブな気分になります。  

④きれいな道多いけど、歩きづらい

屋台がたくさん出てて、交通量や人も多いのですが、そのわりに道にごみはあまり落ちていないのがすごいと思います。ただ、道によってはごみが落ちてる場所もやはりあり、よくわからないにおいがしています。また、でこぼこな道も多く、歩道にたむろしている人もいて歩きにくいです。ただこれはジャカルタ特有のもので、インドネシア内でも人口が集中していない多くの町では違う様子なようです。  

⑤環境への取り組みには遅れている

ジャカルタに来た当初は外にいると排気ガスやタバコのにおいが苦しかったです。マスクをしてバイクに乗っていたり歩いていたりするインドネシア人の方が多いので、やはり空気は悪いと思います。 しかし、マスクをしないで過ごそうと決めて過ごしていたらだんだんと慣れていき、滞在最後のほうはあまりにおいが気にならなくなって身体の適応能力に驚いています。 都会の汚れは世界中共通している課題ですね。なので、週末は郊外でリフレッシュするといいそうです。車で1時間ほどで簡単に郊外に行けるそうです。 また、以前の記事で紹介したオレンジ部隊や、新しい鉄道の建設などによる環境の改善が期待されています。  

⑥ごはんがおいしい

インドネシアのごはんは最高に美味しいです。特に揚げ物がなんでもおいしいです。私はテンペゴレン(テンペ=大豆を発酵させたもの、ゴレン=揚げたもの)とピサンゴレン(ピサン=バナナ)が大好きです。街の至る所にいろいろな屋台があるので誘惑が多く、インドネシア料理を楽しんでいると確実に太ります。  

⑦綺麗でバブリーなショッピングモール

ジャカルタにはたくさんのショッピングモールがあり、日本のモールにはない豪華さを誇るモールがいくつかあります。バブリーな雰囲気で、モール内を歩いてるだけで気分が上がります。また、庶民的なモールも多くあり、買いたいものや目的、気分に合わせて使い分けられます。  

⑧映画館で映画見るの最高

ジャカルタの映画館で、ふかふかの席で見る映画は素晴らしかったです。上質な席でも日本より座席料金が安いのが最高でした。  

⑨ジョグジャでバイク乗るの楽しい

ジョグジャカルタに週末旅行で訪れた際、ずっとバイクに乗って移動していました。バイクに乗るの楽しいです。風をうけて、気持ちがいいです。 ジャカルタだと交通量が多く渋滞もあるのでバイクに乗っていると排気ガスをより感じ、ジョグジャカルタでほどは楽しめないのではと思います。  

⑩出不精になる

ジャカルタはとても暑く、少し外を歩いただけで汗をかくので、一度帰宅するとまた外出はしたくなくなります。Go-foodというバイクによる食事の配達サービスがとても便利で、おなかがすくとそれを頻繁に利用していました。動かず食べるので、太ります。  

⑪至る所が工事中

ジャカルタでは街中いろいろなところで道路もビルも建設中で、それが不便だと思ったのですが、MRTの開通が迫っていたり、あちこち開発中であり、経済が物凄い勢いで発展中なのを感じました。日本では感じられないエネルギーを感じることができました。成長中のインドネシアで働くことができたら、自分の成長にも大きな影響を与えるだろうなと思います!     インドネシアで、日本にいてはできない経験がたくさんできて、とても良い時間が過ごせました。インドネシアの人の温かさ揚げ物の美味しさは、日本に帰ったらすぐに恋しくなるんだろうなと思います。 ぜひ、インドネシアへ!