【ジョグジャカルタへの旅 vol 3】マラムミングー(土曜の夜)編|Reeracoen Indonesia

REERACOEN is pleased to welcome you and be a partner to help you finding the right job in . Moreover, is ready to find the suitable candidates to our precious clients as well.

+6221-5723322

Time:9:00-18:00(Mon-Fri)

REERACOEN BLOG

【ジョグジャカルタへの旅 vol 3】マラムミングー(土曜の夜)編

前回の記事に引き続き、ジョグジャの楽しみ方をお伝えします。  

おやつ

ミロタバティックで買い物をした後に、マリオボロ通りの出店でおやつを食べました。     下の写真のおやつを左から説明していきます。 Geplak:ココナッツとタピオカでできたお菓子です。口内の水分を全部持っていかれる甘さです。 Salak:スネークフルーツとも呼ばれる果物です。蛇の皮で覆われているような見た目ですが、中身は白い果実です。爽やかな甘さで私はすごく好きなのですが、匂いが独特で人によって好みが分かれるフルーツです。 Jadah:餅のような感じです。表面は香ばしく中は柔らかく、ほんのり甘じょっぱい味です。 Cilok:もちもちしています。甘い醤油のようなソースにつけて食べます。みたらし団子のような感じです。             歩き回って疲れたので、Milota Bakeryという様々なスイーツがそろうお店で休憩しました。 引き続きおやつタイムです。 インドネシアの伝統菓子やケーキ、パンなど品揃え豊富です。           私はこれらの中から、インドネシアの伝統菓子をいくつか選びました。     これで500円ちょっとです。この中では、mangkok daun(写真中央奥のピンクのお菓子)が一番美味しかったです。しゅわしゅわした食感と優しい甘さで、軽い蒸しパンのようなお菓子です。 Milota Bakeryでぜひいろいろなお菓子にチャレンジしてください!おいしいお菓子に出会えるととても嬉しくなります。  

買い物(ウィンドウ・ショッピング)

また雨が降ってきたので、Plaza Ambarrukmoというモールの中をぶらぶらしました。 日本食レストランがいっぱい入っていました。本屋さんで日本の漫画も見つけました。インドネシアの漫画は日本のものより紙がかなり薄いです。         

Alun Alun

雨が上がったので、暗くなったら行きたかった場所に向かいました。 ジョグジャの若者が夜に集うのが、ここアルンアルンです。 日本の夏祭りのような雰囲気で、とても楽しい気持ちになります。涼しくて居心地も良いです。 あちこちで地元の人々が楽器を演奏したり、歌ったりしています。        イルミネーション車(乗っている客が自分でペダルをこいで動かすタイプ)がぐるぐる走り回っています。爆音で音楽を流しながら、ゆっくり通ってゆきます。 屋台でsempol(棒状のチキンナゲット)、wedang ronde(しょうがの存在感が強い甘いスープ)をいただきました。         

Tugu

アルンアルンを出て、街のランドマークであるトゥグに向かいました。 トゥグは、観光客や地元の人が集うスポットです。夜12時くらいでこの賑わい。 ここで自撮りをするのが定番らしいです。トゥグの周りで人々がゆったり談笑しています。 トゥグは大きな交差点のど真ん中にあるので、周りに注意していないと、車と接触しそうになります。         土曜の夜はインドネシア語でmalam minggu(malam= 夜, minggu=日曜日 ちなみにminggu malamで日曜の夜と呼ばれ、恋人や家族、友人と過ごす楽しい時間です。そのため、上記のアルンアルンやトゥグにはいつも以上に人が集まり、賑わっていたのです。私もマラムミング―の雰囲気が楽しめました~。   ジョグジャの夜を満喫して、ホテルに戻りました。   明日はついに、3日目。最終日です。  

朝ごはん

Gudegを食べました。        Gudegは、若いジャックフルーツをココナッツミルクと赤砂糖で煮込んだ甘い味付けの伝統料理です。辛いおかずと一緒に食べるとちょうどよい味になり美味しかったです。ジョグジャカルタ発祥の料理です。  

クラトン

踊りを見学し、クラトン内を見て回りました。 宮廷舞踊の美しい動きと、ガムランというインドネシアのオーケストラによる独特な民族音楽に魅入りました。              

昼ごはん

アジスチプト空港への道中、またbaksoを食べました。やっぱりおいしいです。でも量は少ない。       そして、空港へ。ジョグジャカルタを発ちます。   もっとジョグジャにいたかった!もっといろいろ食べたかった!!とこの記事を書いていて思います。 またすぐ行きたいです。  

おまけ

ジョグジャカルタを発ってジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港に着き出口を出ると、タクシーチケット発券機があります。        チケットを発券してしばらく待ち、自分の持つチケットの番号が呼ばれればタクシーに乗れます。私はこれを利用して、タクシーで空港から自分のコス(アパートのような部屋)に帰りました。日曜の夕方は道路がすいていたので、行きに2時間以上かかった道が帰りは40分でした。  

まとめ

ここまで3回にわたって、ジョグジャカルタへの旅行についてお伝えしてきました。 ジョグジャカルタはジャカルタから近い距離にありますが、全く雰囲気の異なる都市で、週末旅行をするには最適な場所だと私は強く思います。ぜひ、ジョグジャカルタへ!!!